料理を極める|専門学校に通って国家資格取得を目指す

文房具
炒める人

プロ講師からの指導

調理専門学校では、知識や経験をつむと共に感動を与えることができる作品作りを目指した指導を行なっています。そのため、カリキュラムの中ではプロの講師から指導を受ける機会もあります。

調理する人たち

診断カルテでスキル確認

料理専門学校では、様々なカリキュラムやスタイルで行なわれています。その中には、個人レベルを把握できる診断カルテを作成してくれる学校もあります。実力を分かりやすく評価してくれるのでスキルアップの目安になると人気です。

実技と座学のバランス

タオルとミトン

調理師になりたい方は、料理専門学校へ通って知識や経験をつむことをオススメします。独学で学ぶことも不可能ではありませんが、国内においてプロの料理人として活躍するためには、国家資格の取得が必要となってきます。国家資格の取得のためには、それなりの知識や教養が必要になってきますし、実技テストも行なわれるので経験が必須となります。飲食店で働きながら国家資格の取得を志す方も中にはいますが、料理専門学校に通った方が効率よく学ぶことができるはずです。

料理専門学校には、様々な学科が開設されています。調理科に始まり、パティシエ科、バリスタ科など多種多様な学科構成となっています。調理科では主に和洋中華の料理を学んでいきます。パティシエ科やバリスタ科では、スイーツの作成を中心に様々なカリキュラムが取り入れられています。どの学科も実習が中心となっており、入学した頃は包丁の扱いも慣れていない生徒が、卒業する頃には現場で活躍できる即戦力となっていることも珍しくはありません。実習では1人1人の個性や技術を磨くために、個人で一貫して作品を作るスタイルとなっています。チームで作品の作成を行なうよりも、技術力の向上がはかれますし、自分の課題を理解することができるので、知識や経験の向上につながります。

在学中から沢山の実習をつむことで、現場でも通用するスキルを磨くことが料理専門学校の目的となっています。学校を選ぶ時は、実習のカリキュラムが多いところを選ぶと良いでしょう。

スイーツ

就職希望者の合格率

パティシエは人気職業の1つです。そのため毎年多くの人が専門学校に通います。どのようなポイントをふまえて学校を選べば良いのか迷った時は、見学会に参加してみると良いでしょう。