料理を極める|専門学校に通って国家資格取得を目指す

メンズ

プロ講師からの指導

炒める人

調理専門学校に通うことで、国家資格の取得を目指すことができます。しかし、資格取得だけを目的として調理専門学校は指導を行なっていません。カリキュラムの中では感動を与えることができる作品作りの指導にも力を入れています。調理専門学校を卒業した後は、それぞれの現場で活躍することになります。そのため個性ある作品を作りだすことは必須です。

調理専門学校のカリキュラムには、外部からのプロを講師として招き入れて実習を行なっています。現場で活躍する一流のシェフと関わる機会というのは、そう多いことではありません。技術面や知識を吸収する良い機会となっています。カリキュラムの中では、コンセプトメイクやネーミングも実際に行なっています。作りあげた作品に合ったネーミングが行なえているか、どのようなコンセプトを料理で再現しているかなど、細かな部分にまで指導を行なっています。プロ講師からアドバイスをもらうことで、新たな刺激となりイマジネーションがわくことを目的として、このような実践形式のカリキュラムを取り入れています。また、一流の調理師に相応しい味覚を鍛えるために、食材の味の違いから食感の違いまで、テストしてより良いバランスを身に着けるカリキュラムも行なわれています。このようなカリキュラムはプロ講師オリジナルなので、より実践的で専門性の高い内容となっています。食に関係する業界で活躍したいなら、資格の取得は勿論、業界の情報に敏感でなければなりません。そのためにも常日頃から最新の情報が入手できるようにしておきましょう。